中央区のリフォームなら則武工務店:港区・江東区・墨田区

中央区のリフォームなら則武工務店:港区・江東区・墨田区 の トップページへ戻る





施工エリア

東京都23区

中央区、 千代田区、 港区、 新宿区
台東区、 墨田区、 江東区、 江戸川区
千葉県 浦安市、 市川市
神奈川県 川崎市、 横浜市




シックハウスに有効な自然素材
〜珪藻土と無垢の木で気持ちいい暮らし〜


呼吸する塗り壁材 はいから小町(珪藻土)

珪藻土の最大の魅力は、調湿性能です。
無垢材施工例
珪藻土には、目に見えない小さな穴が沢山あいています。それが調湿性能の秘密なので、珪藻土メーカーは、どこの会社も珪藻土の穴を強調します。ところが、壁に塗る前の珪藻土の穴をいくら強調しても、壁に塗ったあと穴がふさがれてしまうと、調湿性能は無くなってしまいます。
珪藻土塗り壁はいから小町の最大の特徴は、珪藻土の穴をふさがない固まり方をしているということです。
右側の写真を見てください。これが証拠です。施工後の、珪藻土塗り壁はいから小町を5,000倍に拡大すると、珪藻土の穴がふさがれていないことが、はっきりと分かります。


特徴1: ボロボロしない、崩れない

珪藻土塗り壁の最大の欠点はボロボロすること。
・洋服が壁にかけられない(白くなってしまう)
・カレンダーがかけられない(画鋲がささらない)
・壁が欠けてしまう
などがあげられますが、
珪藻土塗り壁はいから小町は、樹脂や接着剤を使わずに、その欠点を克服することができた、画期的な素材です。


特徴2: いつでもからっと、ジメジメしない

珪藻土塗り壁はいから小町は、人工大理石にも応用できる技術を利用していますので、ボロボロする、割れやすいという珪藻土の欠点をクリアできたにも関わらず、珪藻土の含有量を高くすることができたのです。
なんと、JIS規格の3倍という高い調湿試験結果が得られました。
しかも仕上がりの厚みはたったの2mm。


特徴3: 多彩なパターンが可能、でも平滑になりません

クロスのように絵柄のない塗り壁は、現場で職人さんが様々なパターンをつけることでイメージが変わります。
たった2mmの仕上がりですが、意外と様々なパターンが楽しめますから、実際に現場で職人さんと相談しながら決めてくださいね。


特徴4: 漆喰よりも白く、パステルカラーが自慢です

白い壁の代表のように思われている漆喰ですが、珪藻土塗り壁はいから小町「はつ雪」と比較してみると、漆喰の白は、白ではありません。

はつ雪では白すぎて冷たい感じがする、という方には生成り色の「くちなし」がオススメ。なんともいえない優しい空間が広がります。

他にもピンクやイエローなど、自然素材100%の塗り壁にはなかった明るい色を揃えました。どのカラーバリエーションも、自然素材だけで表現をしているのでナチュラルで、あらゆるお部屋に馴染みます。

はいから小町透明感があるカラーバリエーション
カラーバリエーション



特徴5: 汚れはサンドペーパーと漂白剤で落せます

呼吸する自然素材は、キッチン周りでもベトベトになることもなく、キレイをキープしてくれます。

でも、毎日の暮らしの中では汚れはつきもの。
そんな時、硬く仕上がる珪藻土塗り壁はいから小町だからできるメンテナンス方法をご紹介します。

マジックで落書きをしてしまったら‥。
サンドペーパーでちょっとこすってみてください。
黒い色が目立たなくなったら、もうキレイになっています。

お醤油をこぼしてしまったら‥。
キッチンハイターやシミ抜きを使うとキレイになります。


■珪藻土の主原料 (自然素材100%)

1. 珪藻土: ビール製造時のろ過材として利用。
2.マグネシウム: 医薬品やミネラル健康食品に使用される。
3.にがり: 豆腐の凝固材
4.ゼオライト: 食品の包装材に利用
5.パーライト: 医療用のろ過材


無垢材

無垢材とは天然の木材を指します。
無垢の木は断熱性に優れており、なんと鉄の約265倍もの断熱効果があります。
また、天然の調湿効果もあります。

無垢材施工例木は常に湿気を吸ったり吐いたりして呼吸しています。
それによって無垢の木は、湿度の高い日本の環境でも長持ちするのです。

夏に素足でいても、サラッとした快適さがあるのも、木が湿気をコントロールしてくれるおかげです。

■無垢材の特徴
・毎日、森林浴効果を実感できる
・室内に自然な調湿効果が得られる
・アトピーアレルギーの心配が少ない
・子供の環境にもとても良い
・自宅なのに別荘気分を味わえる
右側の写真は無垢材を使ったリフォーム施工例です。

お問合せ 無料お見積り